農産物直売所をご利用の皆様へ

〜環境にやさしい農産物を購入しましょう〜
環境にやさしい農産物の購入は、印旛沼の水質保全につながります。

国営印旛沼二期地区での取り組み

農林水産省 印旛沼二期農業水利事業所では、
印旛沼の水質保全に資するため、
環境にやさしい「環境保全型農業」
を応援しています。


環境にやさしい取り組み(水田魚道)

水田魚道では、
ドジョウ等7種374尾の魚類が遡上しています。

(成田市八代の水田魚道の落水時の結果)
(水田魚道とは、魚が田んぼへ自由に出入りできるよう田んぼと水路をつないだ魚専用の水路です。ドジョウやタモロコなど田んぼの生きものに配慮した取組です。)
水田魚道を使って遡上した ドジョウ
成田市八代に設置された水田魚道
水田でドジョウを捕らえたチュウサギ






印旛沼の水質

水田・畑への化学肥料等の投入量を少なくすることや、代かき時の濁水を少なくする浅水代かき等の取組は印旛沼の水質保全に寄与します。
(印旛沼の水質について、家庭から出る汚濁量は下水道整備等が進み減少しています。水田・畑地からの汚濁量は、ほぼ横ばいですが、全負荷量に占める負荷量の割合が大きくなってきています)


印旛沼の汚職負荷発生要因



濁水の排出を少なくする浅水代かきの取組 で、
代かき・田植え時期の窒素の排出負荷を 40%削減 する
効果がみられる調査結果があります。
水田ハローによる浅水代かきへの取り組み






農産物の購入は、環境にやさしい農産物を選びましょう

ちばエコ農産物の米などの購入は環境保全型農業に取り組んでいる農家の応援につながります。


「ちばエコ農産物」「エコファーマー農産物」「特別栽培農産物」には、以下のマークや表示票が目印です。

環境にやさしい農産物の表示例




特別栽培農産物の表示票



環境にやさしい農産物づくり

1.化学肥料・化学合成農薬を少なくした「栽培方法」
2.田植え時の排水量を少なくして「汚濁水を削減」
3.農産物を健康に育てるための「土づくり」
4.生産者・栽培方法の情報が開示されているので安心
 などの取り組みがあります。


問い合わせ先
●農林水産省関東農政局印旛沼二期農業水利事業所調査設計課(電話:043-483-4401)
●印旛沼地区農業農村整備事業推進協議会
 (事務局:印旛沼土地改良区内 電話:043-484-1155)




著作権は農林水産省関東農政局利根川水系土地改良調査管理事務所が所有しています。
(引用に関しては出典を表記しました)
このサイトの文章・画像など内容についての無断転載を禁じます。

Copyright (C) 2002-2021 nouseikyoku-kanto
No reproduction or republication without written premission.